PLANNING OFFICE/GIFU

建物は完成時を頂点とし、時の流れと共に老朽化し何らかの修繕が必要となります。
又、普段のメンテナンスや修繕工事、一般リフォームを行いある程度、建物を良い状態に保つ事が出来ます。
しかし、10〜20年程で時代のニーズやLife Styleの変化の影響で、大手メーカーにより大量供給される物件との格差が生じてしまいます。
大手メーカーの物件であっても、新築物件であれば新築と言う名前(ブランド)により、集客力がありますが、いづれ上記と同じ状態なります。
Renovation(リノベーション)とは、リフォームや新築でもない新しい建物価値を生み出すものであり、形ある物すべてにDesignがある様に、建物(空間)すべてにもDesignがあります。
今、求められているLife Styleに適合した空間Designに再生し、建物の価値を向上させる事が大切です。

写真

needs

現在の賃貸市場の状況とて、割安な分譲マンションや分譲住宅の急激な増加や少子化による需要の減少により、毎年600万戸程の空室が増し続いています。
現在の需要以上に供給とストック物件が存在する為、飽和状態となりつつあります。
これからの賃貸の方向性をイメージする事が大切にだと思います。
賃貸物件の対象(借手)となる年齢層は、20〜30代が中心で、何を考えどんなライフスタイルを求めているのかが重大なポイントとなります。
しかし、物量的にも豊かな時代に育ち、機能的なフル装備、新しい物好きでローコストが求められています。
リノベーションをする上で(他の人とは違った空間)という遊び心を持った(一般的でない空間)とし、付加価値をつける必要があると考えられます。

中古マンションや賃貸アパート・テナントをリノベーション今ある物件にリフォームや新築とは違う楽しみながら生活するStyle空間を重視した新しい価値観の創造。